脊柱管狭窄症でお悩みのあなたへ

なぜどこに行っても治らなかった脊柱管狭窄症が当院の施術で改善するのか?

あなたはこんな症状でお悩みではないですか?

歩き始めてしばらくすると脚に痺れが起こり、休むと軽減するという状態を繰り返す。

お尻から脚にかけての痛みがある。

腰に痛みがある。

脚の脱力感がある。

頻尿・残尿・失禁など排尿・排便障害がある。

 

このような症状が当てはまるあなたへ

 

  「もうご安心ください」
 

当院ではこのような症状のお悩み方も多く来院され多くの改善事例がございます。

 

しかし【脊柱管狭窄症】は放っておいた場合、

 

軽度なものは症状が消失する場合がありますが、

 

多くは今の症状がどんどん強くなるだけではなく、他の症状も更に積み重なってまいります。

 

もしあなたが【脊柱管狭窄症】でお困りなら、一人で悩まず、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

 

ちなみに当院は 「株式会社わかさ出版」より発売されております『腰らく塾』で脊柱管狭窄症の施術が受けられる全国20名の治療院に選ばれております。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、背骨内部の神経や脊髄の

 

通り道である脊柱管が狭くなることによっ

 

て、腰痛や下肢(脚部)の痛み、しびれなど

 

さまざまな症状が現れる病気です。

 

主な原因は加齢による椎間板の変性(老化)

 

と後方の椎間関節の肥大と考えられています。

 

一般的には自然治癒が見込めず、むしろ時間

 

経過と共に病気が進行していってしまうとい

 

われております。

 

そのため、画像上、神経や脊髄の圧迫が明ら

 

かな場合には手術を行うケースもあります。

一般的な【脊柱管狭窄症】の対処法

☒病院では・・・

痛みを抑える 薬物療法・神経ブロック

体を前屈で固定する 装具療法

脊柱管を広げる  手術療法

 

☒他の整骨院・整体院では・・・

電気治療・マッサージ

       

当院の脊柱管狭窄症に対しての考え方

当院の脊柱管狭窄症に対しての考え方は、

 

他の症状にも当てはまることですが、

 

脊柱管狭窄症とは、その特定の脊柱に

体全部の負担を負わせている体の状態と考えます。

 

つまり脊柱だけの問題だけではなく、周囲を取り囲む筋肉同士の連動、筋肉と脊柱との連動が取れなくなった状態が「脊柱管狭窄症」と考えます。

 

ですから、脊柱だけ見ていても症状が変わらないのは当たり前と思っております。

 

実際手術をしても、予後が思わしくない方を多く見ます。

 

ということは、脊柱だけみていても問題の解決にはならないことを意味しているのではないでしょうか?

 

当院の「活法整体療法」は、体に備わっている、筋肉と骨(関節)の連動・連携をスムースにするポイントにアプローチして体を調整していく整体術です。

 

その時に一番いけないことは、筋肉を揉むこと・骨をボキボキならすことになります。

 

そのような乱暴な力を加えなくても、脊柱に負担の掛からない

 

体に戻してあげることは可能なのです。

 

是非脊柱管狭窄症でお困りでしたら、当院に一度ご相談してみてください。

他院との5つの違い

1、28年間で延べ12万人を施術した経験を持っております

 

柔道整復師という国家資格を取得してから28年間で延べ12万人の患者様を施術いたしました。

 

この間 整形外科・整骨院・接骨院を巡り、

骨折・脱臼の治療・レントゲン読影・あらゆる治療テクニックを習得いたしました。

 

 

その中で行きついた治療の考え方の結論が今の治療法です。

 

 

是非お体で何かございましたら、一度ご相談してみてください。

 

 

 

2、院長が責任もって施術いたします。

 

治療に行くたびに担当の先生が違うことなどありませんでしたか?

 

 

患者さんの体は一人一人違いますし、その方ですらも、日によって状態は変わります。

 

 

当院は、院長の私があなたを責任もって初診から卒業まで診させていただきます。

 

 

常に状態を把握した中で施術いたしますので、ご安心ください。

 

 

 

3、筋肉をグリグリ揉んだり、骨をボキボキ鳴らさない施術法

 

 

皆さまが整体選びで「痛いことをされないだろうか?」というのを一番心配されているのではないでしょうか?

 

 

実際、臨月の女性の腰痛も施術いたします。

何を語るより、如何に体に負担をかけ無い治療かご理解いただけるかと思います。

 

 

そして当院は筋肉をグイグイ揉みません。

 

 

揉まれると気持ちいですが、揉むこととほぐれることは別問題です。

 

 

肩こりなども揉んだりなどの刺激を与えなくても柔らかくなるのが当院独自の治療法です。

 

 

 

4、自律神経まで調整できる根本整体

 

 

当院は他院と違い「自律神経」に対しての施術を得意としております。

 

 

自律神経は一言でいえば「脳」を指します。

 

 

つまり当院の「根本治療」の「根本」とは「脳」から調整するということなのです。

 

 

背骨・骨盤は勝手に歪むものではありません。

 

 

頭蓋骨の歪みが背骨・骨盤を歪ませるのです。

 

 

頭蓋骨が歪んでいるということは、中に納まっている脳もなにがしらの圧迫を

 

 

受けているので正しい指令が出せない「脳」となっているのです。

 

 

整体とはまず体全部の司令塔を治療することが根本改善と考えております。

 

 

5、国家資格を持った整体院

 

 

私は、柔道整復師という国家資格を持っております。

 

 

それは整骨院・接骨院を開業できる資格です。

 

 

一般的に整体院は無資格で開業できます。

 

 

しかし、当院は柔道整復師と生活習慣病予防指導士の二つの資格をもった私が施術にあたります。

 

 

なぜ当院は整骨院などの保険診療をやらないのかというと、自分の経験上その内容で良くなる患者さんも

 

 

勿論いましたが、多くのほとんどの患者さんは根本的に変わってないので、半永久的に

 

 

治療に通わないといけない様子を目の当たりにしていたからです。

 

それならば国家資格の知識のなかでキチンと治してあげたいと思い当院は整体院という形で施術を行っているのです。

院長からのメッセージ

この度は、沢山の治療院から当院を見つけていただき誠にありがとうございます。

 

月辰会活法整体院 院長 栴檀芳之妙乗です。

 

 

当院は整骨院・接骨院を開業できる国家資格を持ちながら、保険診療をせず自費の治療をしております。

 

 

一見患者さんの為になっていないのではないか?とお思いになられましたか?

 

 

私は20年間整形外科・整骨院・接骨院を渡り歩きあらゆる知識を身につけました。

 

 

そのなかで感じたことは、保険診療は良くなっている方がいるのも事実ですが、半分以上の患者様は永遠現状維持の状態をから抜け出せていないということです。

 

 

特に年配の方は院長から「歳だからしょうがない」という言葉をよく言われておりました。

 

 

デスクワークの方の肩こりなども、「デスクワークだからしょうがない」と言われておりました。

 

 

私は28年間で得た知識と技術で、「歳だからしょうがない」「デスクワークだからしょうがない」というのは関係ないという結論に達しました。

 

 

それらは患者様に責任転嫁しているだけで、施術者側が治せないだけなのだと思いました。

 

 

実際に正座が出来なく、レントゲンで膝関節の隙間がないと診断を受けた方はそれでも正座をすることができました。

 

 

デスクワークで肩こりに悩んでいた方も、肩こり体質が変化して同じ状況でデスクワークをしても肩がこらない体質になりました。

 

 

しかしこのような体の変化をつけるには、保険診療で行う患者さんの訴えているところだけ揉んだり電気をかけても根本的に何も変化は出ないのです。

 

 

体は骨格・筋肉・神経・内臓全部が相互で関係しあい体を動かしております。

 

 

何処か不具合が出た場合、これらの相互関係のバランスをとってあげることが根本解決の道なのです。

 

 

そういう理由で、その場しのぎではない本当に治る治療をして、患者さんにより早く通院生活から卒業してもらいたく、私は保険診療を辞めました。

 

 

もしあなたのその辛い症状が解決出来たら、あなたは何がしたいですか?

 

 

当院の施術は、あなたのその願望を叶えるお手伝いが出来るかもしれません。

 

 

宜しければ当院の施術を受けてみませんか?

 

 

あなたからのご連絡を心よりお待ちしております。