BLOG

津田沼 整体|【重要】コロナウィルスの過剰報道について|月辰会活法整体院

2020/03/11

津田沼の整体 月辰会活法整体院の栴檀です。

連日の コロナウィルス報道。

メディアが如何に過剰報道なのかと思います。

皆様、パニックにならず是非落ち着いていただきたいと思います。

結論は

 

惑わされず「安心してください!!」

 

ということです。

以下、のデータを良く目を通していただきたいと思います。

 

まず、日本人の年間の死亡者数は130万人と言われております。

そのなかの死亡原因をいかに記します。

 

1.悪性新生物(27.4%)
2.心疾患(15.3%)
3.老衰(8.0%)
4.脳血管疾患(7.9%)
5.肺炎(6.9%)
6.不慮の事故(3.0%)
7.誤嚥性肺炎(2.8%)
8.腎不全(1.9%)
 9.血管性等の認知症(1.5%)
10.自殺(1.5%)
その他(23.6%)

 

このデータを見ても、今まで肺炎で亡くなる方は、

年間 91000人

一日あたり249人です。

 

風邪から肺炎を起こし亡くなる方は新型コロナウィルスではない、

他の風邪ウィルスからでも肺炎になり1日これだけのかたが亡くなっている

ことを認識しましょう。

 

さて新型コロナウィルスの国内死亡者数は、厚生労働省HPで、

3月10日の時点でなんと

 

たったの12人です。

 

この1か月ちょっとの間でたったこれだけの数字なのです!!

 

また以下厚生労働省HPデータによると、

コロナウィルスで入院していた方の退院者が89名。

 

・患者446例、無症状病原体保有者52
・3月日18時時点までに疑似症サーベイランスおよび積極的疫学調査に基づき、PCR検査については、計8,771件の検査を実施。
・上記患者のうち入院中または入院予定360名、退院77名、死亡名。
・無症状病原体保有者52名は入院中または入院予定40名、退院12名。

 

これだけ弱毒なウィルスなんですよ!!

 

皆さん日々の感染者数で怯えているようですが、

 

風邪のウィルスなんて毎日わざわざ調べていないだけで、

 

調べれば全員なにがしらのウィルスがあるに決まっているのです。

 

ようはそれを体内にいれて自己処理すればウィルスというのは全く問題はありません。

 

メディアは、兎に角視聴率を取りたいのです。

 

感染者ばかり連日報道して、退院した人をなぜ報道しないのか不思議だと思いませんか?

 

それはこのウィルスが怖いウィルスだと国民が勘違いしてくれないと困る人間がいるのです。

 

その為、怯えさせる報道をすることでウィルスに無知な皆様をテレビに釘付けにし、恐怖を植え付けているのです。

 

以前もお話しましたが、コロナウィルスはもともと存在していた風邪ウィルスです。

 

インフルエンザウィルスより弱毒な風邪ウィルスに世の中がパニックになっているのです。

 

とうことでこのブログを読んだ方が少しでもパニックにならず安心していただけたらと思います。