BLOG

津田沼の整体|免疫力を高める方法|月辰会活法整体院

2020/02/15

津田沼の整体 月辰会活法整体院の栴檀芳之妙乗です。

 

現在巷では「コロナウィルス」が中国より日本にも上陸し、

徐々に感染者を増やしております。

国内で死亡者もあらわれてしまいました。

 

どうやらコロナウィルスは人工ウィルスの様ですね。

現在メディアでは うがい・手洗い・マスク しか言われず、

これ以上の積極的方法が手詰まりの様です。

 

ちなみにうがいは、鼻うがいもしないと意味はありません。

 

整体の立場から見た積極的な免疫の上げ方の方法をお話したいと思います。

 

免疫の話をすると長くなるので「ウィルス」に対して特化して話を進めていきます。

 

体でウィルスと戦ってくれるのは血液の中の一成分である「白血球」です。

 

白血球の中に更に3グループありその中の「リンパ球」というのが、

 

ウィルスに対しての攻撃担当です。

 

つまりリンパ球が如何に瞬時に攻撃態勢をつくってくれるかどうなのかがポイントなのです。

 

そして腸には、体の免疫細胞の7割がそこに取り巻いていると言われています。

 

ということはそこで体の免疫力の70点を取れてるわけです!

 

つまり 胃腸が元気=免疫力がある という図式が成り立ちます。

 

そんな胃腸は自律神経によって動かされています。

 

自律神経が正常に働いていれば、

 

腸の動きも正常で元気=免疫力がある ということですね。

 

自律神経が正常に働いているということは、脳に自律神経の本部があるので、

 

脳が正常に働いている状態ということになります。

 

このような免疫力が正常に働いている体は、体温が6度5分以上あります。

 

(体温は、両方の脇で計らないと意味がありません。)

 

両方の脇の体温が6度5分以上で左右同じ温度が理想です。

 

計るときの体温計は5分以上計測するものが正確です。

 

プラマイ2~3度のズレならまあいいでしょう。

 

免疫力が低下している人は、左右差がかなり出ます。

 

過去に最高1度差がある人もいました。

それだけ全身の温度が一定でないということです。

 

沸かしたてのお風呂の冷たい場所と熱い場所の差があるのと同じです。

 

「リンパ球」は36度以上ないと活動がしにくくなるので左右で36度以上は絶対条件なのです。

 

 

整理しますと、

自分でわかる 免疫状態

以下の項目に引っかかるほど免疫力が低い=ウィルスへの抵抗性が低いということです。

 

1、体温が左右4度以上差がある。もしくはどちらかの体温が35度代である。

2、慢性的に胃下垂、胃のもたれ、逆流性食道炎、便秘、下痢の状態である。

3、冷え性である。

4、下腹がポッコリ出ている。

5、頭痛持ちである。

6、肝機能の数値が高い。

 

逆に免疫がある程度高い状態の方は、上記の症状が無いのが前提になります。

 

まず自分で出来る免疫強化は、胃腸の環境を良くすることと鼻呼吸の徹底です。

 

ウィルスは鼻の扁桃腺でブロックするので絶対鼻呼吸です。

 

胃腸に関しては、まず腸内環境を整えることがポイントです。

 

その為には、本物の味噌・醤油などの調味料を使い、善玉菌を体内に入れて腸内を整えます。

 

大手の味噌・醤油は「モドキ」なので腸内を変えるものにはなりません。

 

CMでやっている、生きたまま菌を腸に届けるというのも、不自然すぎる菌なのでお勧めしません。

 

菌は生きたまま届くことが大事ではないのです。

 

胃酸で死んでも、その本物の菌の死骸が届くことが大事なのです。

 

マルカワ味噌さんは、味噌蔵の菌で熟成させた本物の調味料です。

https://marukawamiso.com/

本物のお味噌は、出汁をとらなくても、お湯に解くだけでも十分美味しいです。

 

また冷え性の方は、湯たんぽを使って足を温めて寝てください。

 

あと、腹巻でお腹を温めることもおススメです。

 

そして本物の塩と水分もよく摂りましょう。

 

本物の塩に入っているマグネシウムもお通じを良くしてくれます。

 

また体の血液など体液の状態を良くしてくれます。

 

これらは自分で出来る積極的免疫力を上げる方法です。

 

更に当院で出来ることは、

 

1、頭蓋骨を調整し。自律神経を整え脳を元気にする。それにより頭痛の原因も解決できます。

2、胃下垂をあげます。胃が挙がるので腸のスペースが出来て、腸の働きが活発化する=腸免疫のup

3、肝臓を調整いたします。肝臓と大腸は血管で交通している大事な関係性です。

 

以上のことを整体で調整できるため、自律神経・胃腸の働きがあがるので、体温も上がり、リンパ球も元気に動ける環境なので、ウィルスから体を防御してくれるのです。

 

是非参考にしていただき、免疫をあげてウィルスから体を守りましょう!