BLOG

津田沼の整体|オスグッド病は成長痛ではありません

2020/01/14

千葉県津田沼 月辰会活法整体院の栴檀芳之妙乗です。

 

成長期のお子さんでスポーツをしている方に多い

 

「オスグッド=シュラッター病」というものがあります。

 

膝のお皿の下の脛の骨が飛び出てくる症状です。

 

「成長痛」というもの自体が整形外科でも、骨の成長に痛みを伴うということに疑問の声が上がっており、「成長痛」という症状名を否定する意見もございます。

 

しかし、はっきり言えることは、オスグッド=成長痛 という考え自体は、これに関しては完全な間違えです。

 

人の骨の成長は、骨の端の軟骨部分が成長します。

レントゲンを撮ると、成長期のお子さんの骨は端がまだ軟骨なので、そこだけ線が入って骨が離れているように見えます。

 

成長が完了した骨はそのような軟骨がないので、一本の骨として写ります。

(単純に自分の身長がまだ伸びるのか気になる人はレントゲンを撮ればわかるわけです)

 

腿の前の筋肉は、お皿をまたいで、オスグッドとして出っ張るところに付いてます。

 

それがジャンプ・跳躍などの動きで腿の筋肉が収縮することで、

 

くっついているところがまだ軟骨組織で弱いためその引っ張る力に耐えられず、

 

結果その周囲の骨が剥されるために、出っ張る症状となるのです。

 

ということで、オスグッドとは、成長痛ではなく、完全なスポーツ障害なのです。

 

別の言いかたをすれば「使いすぎ症候群」で広い意味の怪我と認識していただければいいと思います。

 

ですから、適切な治療をしていかないと、将来的に「正座すると膝が痛い」など日常生活に支障をきたしかねません。

 

オスグッドは、単純に痛い膝だけの問題ではなく、

体全体の重心なども大きく影響しているので、

 

骨盤・背骨から調整するのが根本解決法となります。

 

「痛い場所の治療」という考え方より、「なぜそちら側の膝に痛みが出たのか?」

という考えで治療に臨まないといけないと思います。

 

オスグッドでお困りの方は一度ご相談してみてくださいね。

 

千葉県津田沼 月辰会活法整体院 栴檀芳之妙乗