BLOG

津田沼の整体|塩=高血圧の嘘|月辰会活法整体院

2019/12/23

千葉県津田沼 月辰会活法整体院 院長の栴檀芳之妙乗です。

【高血圧の原因は塩分】

このフレーズは殆ど一般常識化していると思います。

そのため、味噌も醤油もスーパーに行けば「減塩」という商品も見かけます。

しかし 高血圧=塩分は、半分正解で半分は嘘です。

 

嘘の理由は。。。

 

塩分摂取を「食塩・食卓塩」から摂取した場合に限ります。

食塩・食卓塩とは、塩化ナトリウム以外のミネラル分を取り除いたものです。

 

100円ショップの塩は完全にそれです。

外食の塩、スナック菓子などの塩もそうです。

商品の裏を見て 原材料:塩化ナトリウム と記載があれば、

それは塩モドキです。

この純度99.9% 塩化ナトリウムの「食塩」を摂取すれば、

体のミネラルバランスも崩れ、腎臓など内臓の機能に影響を及ぼし、

体の余分な水が体外に排出されず「むくみ」となります。

 

しかし、実際の「自然塩」は、

ナトリウム以外に、カリウム・カルシウム・マグネシウム・銅・セレン・ヨウ素

などの微量ミネラルを含んでいます。

 

自然塩は常識的な範囲で摂取していれば、余分なものは体外に排出するようになっています。

 

本来塩は自然界のものです。

 

塩が体に悪いわけではなく、人間が勝手に「食塩」という類似物質の加工品を作ったことで、高血圧が増えただけなのです。

 

味噌や醤油は、本来発酵食品です。

発酵は、塩無くして発酵は起きません。

 

ちなみに減塩で出来ている商品は添加物を使った醤油もどき・味噌もどきの食品です。

 

体のことを考えれば本末転倒な食品です。

 

体の健康を見直すにあたり、

 

まずするべきは、本物の塩・味噌・醤油の調味料を使うことではないでしょうか?

千葉県習志野市 月辰会活法整体院 栴檀芳之妙乗