BLOG

「ギックリ腰」「寝違え」「膝痛」「胃痛」など痛みに対しての考え方

2019/08/22

習志野市津田沼

月辰会活法整体院 院長栴檀芳之妙乗です。

 

「ギックリ腰」「寝違え」「膝痛」「胃痛」など

いわゆる「痛み」というものに対しての考え方ですが、

 

これはその場所が筋肉であろうと骨であろうと内臓であろうと同じです。

 

一般的に痛いところ=悪いところ という認識ではないでしょうか?

 

しかし視点を変えてみると、「痛い」ところは体のどこよりも一番頑張っているところと言い換えられないでしょうか?

 

会社でいえば、だれも仕事をしないのである人が独りで他の人のぶんも仕事をして

 

その結果過労で倒れてしまった。。。。

 

そんな状態なのです。

 

そんな人を見て「あいつは家で寝て怠け者だ!!」と思うでしょうか?

 

そしてその頑張った人が今後倒れないようにするには、

 

他の仲間で仕事を均一に割り振れば、一人の負担が無くなるわけです。

 

体の痛みを良くするのも、それと全く同じ考えとなります。

 

つまり一か所に集中した負担を全身に分散させることなのです。

 

分散させたいものなのに、その場所をグイグイ押し込んではいけないのです。

 

なので当院はマッサージというものをしないのです。

 

「痛い」ところは、悪者ではなく頑張り屋さんの場所なので、労いの気持ちが大事ですね。

 

習志野市津田沼

月辰会活法整体院

院長 栴檀芳之妙乗