BLOG

夏の帰宅後のケアは「脳を冷やしましょう!!」

2019/08/21

習志野市津田沼の月辰会活法整体院

院長の栴檀(せんだん)芳之妙乗です。

 

現代の日本の夏は異常気象ですね。。。。

 

この暑さで「熱中症」のかたも全国各地で増えております。

 

暑さで体が一番影響を受けるところは「脳」です。

 

脳は熱に弱いので、暑さにさらされると脳に機能が低下いたします。

 

脳は全身に指令を出す本部ですから、そこの機能が低下するということは、

 

内臓・ホルモン・なども機能が低下するということです。

 

ということなので、外から帰宅した時には脳をクールダウンさせてあげましょう。

 

脳は直接触れないので、冷やすところは「頭蓋骨」になります。

 

おでこ・てっぺん・いずれかをアイスノンなどで5分~10分くらい冷やしてあげましょう。

 

そうすると脳がクールダウンされて体が暑さによる機能低下状態から回復いたします。

 

寝るときも頭は冷やしたほうが眠りに入りやすいので、睡眠時は「氷枕」がおススメです。

 

寝るときはアイスノンだと、寝相で首を冷やしてしまいます。

 

そうなると体全体が冷えてしまいますので、

 

氷だと「絶対0度」ですからその先は温度がそれ以下

 

にならず氷は解けるだけなので安全です。

 

アイスノンは起きてる間・氷は寝てる間、これを注意して頭を冷やしてあげてくださいね。

 

習志野市津田沼

月辰会活法整体院

院長 栴檀芳之妙乗