BLOG

浦安市で花粉症でお悩みの方へ 私の花粉症体験記

2019/03/04

千葉県浦安市で花粉症にお困りの方へ

浦安せんだん接骨院の院長 栴檀芳之妙乗です。

この私も過去に酷い花粉症に悩まされておりました。

15年前のお話なので、当時は花粉症の治療法が確立されていなく、

私も模索状態でした。

症状と言えば、

◇夜は両方の鼻が詰まり鼻呼吸できず、

 壁によりかかると少し鼻が通るのでそのようにして寝ておりました。

 当然眠りは浅く、日中はボーっとしておりました。

◇日中は更に目がかゆく、なるべく我慢はしてましたが、

 一回目を掻き始めると止まらなくなり、

 両目が毎日ウサギの目のようになっておりました

 

◇日中は鼻が詰まるのに、鼻水が垂れる状態でした。

 鼻が詰まり、患者さんとの会話で「まみむめも」が発声できないのが

 ストレスでした。

このような最悪の状態でした。

 

当時から自分で色々調べて原因は「胃腸」というところは

見いだせておりました。

それに対して自ら行ったことに関しては。。

 

〇食事をよく咀嚼すること。食事中は水を極力飲まないこと

〇サプリメントで栄養の補助

で対策しました。

当時の私はとにかく早飯で且つ水で流し込むという最悪の食事状態でした。

顔にも吹き出物が沢山できており、これは内臓の様相が顔に現れるのです。

 

あれだけしつこかった吹き出物はたった半月ででなくなりました。

サプリメントはプロテイン・マルチビタミン ミネラル・ビタミンB群

を摂取いたしました。代謝を考慮してのメニューでした。

 

これを続けることで、翌年の春から劇的に花粉症が良くなりました。

嬉しいのは、鼻が最悪のでも片方が夜で通るので、

睡眠をしっかりとることができたことでした。

そこから年々症状が小さくなり、5年後には殆ど花粉に反応しなくなりました。

 

当時は治療法がなかったのでここまでの年数を要しましたが、

それでもアレルギーは良くなる症状であるということです。

更には、キチンと原因を改善する治療を施せば、

もっと早く改善を早めることができるということです。

 

もしひどい花粉症でお困りの場合は一度「浦安せんだん接骨院」に

ご相談してくださいね!