BLOG

メニエール病(めまい)の整体から見る原因と治療法は?

2018/10/22

メニエール病は、

 

「グルグル回っているように感じる(回転性めまい)」

 

「フワフワしたところを歩いているように感じる」

 

「頭がグラグラする」といった症状の総称です。

 

西洋医学が提唱している原因は、

 

内耳の中の内リンパ液が過剰になり、内耳が腫れた状態になることと

言ってます。

 

または

 

耳石(じせき)が半規管(はんきかん)に入り込むことで神経を刺激

 

するとも言われています。

 

せんだん接骨院の考えるメニエール病(めまい)の原因は、

 

脳脊髄液の循環障害と考えます。

 

脳で生産される脳脊髄液ですが、体が不健康に傾くにつれ

 

循環障害を起こし、頭蓋骨内で溜まっていきます。

 

生きている頭蓋骨は大人であっても実は柔らかいものなのです。

 

その為、メニエール病(めまい)の方は100%(言い切ります!!)

 

頭蓋骨が脳脊髄液の貯留により、水風船が膨らむように

 

膨張した頭となっております。

 

つまりあなたの本来の頭の大きさより大きくなってしまっているので

 

す。

 

 

「頭の骨は硬いものだ! そんなわけはない!」

 

 

とおもっているあなた。。

 

 

せんだん接骨院にいらした患者さんも皆さん同じ思いで

 

 

私の話しを聞いてます。

 

しかし

 

 

治療を受けた後、頭の大きさを触ってもらうと、皆さん

 

 

治療前の頭の大きさと明らかに小さくなっているのを触って認識

 

 

しております。

 

 

患者さんが触って分かるくらい大きさが変化します。

 

 

それだけ頭蓋骨内に脳脊髄液という体液が流れず貯留して、

 

 

それが内耳を圧迫しているのです。

 

 

このメニエール病(めまい)の根本的な治療方法は、

 

 

残念ながら薬ではどうすることも出来ません。

 

 

つまり西洋医学では根本解決は期待できないのです。

 

 

整体的に、その頭蓋骨に溜まった体液を首から下に流さないと

 

 

解決しないのです。

 

 

その方法が、せんだん接骨院で行っている治療術になります。

 

 

メニエール病(めまい)で一週間入院していた方も、

 

 

せんだん接骨院の治療ですっかり良くなりました。

 

 

もしメニエール病(めまい)でお困りでしたら、

 

 

千葉県浦安市のせんだん接骨院に一度ご相談くださいませ。